忍者ブログ
宇都宮市在住のサウンド・コーディネーター 日々雑感
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

大寒を過ぎたある日、1枚のCDを手にする。
タイトルは「雪夢+3」。

鹿沼市在住のギタリスト、小川倫生さんのアルバム。
ジャケットの雲の写真がとても印象的だ。

このアルバムは8、9年前に、そしてそれ以前にも小川さんの手によって
何度か世に出る機会があった1枚だ。
私は9年前に小川さんと初めて仕事をしたときに
このCDを手に取る機会があった。

1996年前後に録音されたモノだから、彼が20歳~21歳頃に作った
アルバムである。
…初めて聴いたときに、その作曲のセンス、アレンジ力の凄さに
度肝を抜かれた。
Made in Kanumaなのに、育った地域性とか作ったときの時間枠なんかを
遙かに飛び越えてしまっていた。
同時に「こんな曲が作れるなんて、何だかとてもズルイなあ。。。」と
少し悔しく思う自分がいた。

そしてこの幻の音源が今、新たな衣を纏って世に出る事となったのは
かなり嬉しい。
先日、ご本人に作業中の裏話を聴く機会があったのだけれど
そのエピソードを聞くと、今回のリリースは正に「奇跡の復刻」と
言っても過言ではないかもしれない。

聴いてみて改めて感じたのだが、
雪と音楽は似ている、と思う。
触れた瞬間に目の前から消えてしまう儚さも、
その儚さ故に触れた者に
何らかの印象を残していくのも。

かねてから私は、その形を留めておけないもの
(食べ物、音楽、ライブパフォーマンスなどなど)程、
それに触れた人の心に栄養となると思っているが、
このアルバムは小川さんのCDの中でもその事が如実に
感じられるかもしれない。

小川さんのCDを相当前から聴いていると言う方にも、最近聴く機会を
持たれたと言う方にも是非手にとって聴いて戴きたい。
本当に音楽が好きで、また自身でも掴むことの叶わない音を追い続けて
活動を続けてきた1人のアーティストの歴史を
垣間見ることが出来る1枚です。


yukiyume.jpg









雪夢 YUKI YUME+3
<GWR-2001/ALBUM>

1st.アルバム”太陽と羅針盤”以前に存在した
幻のカセットアルバム"雪夢”。

新たにオリジナルテープよりリマスタリング。
当時の未発表曲を3曲加え奇跡の復刻。

Produced:小川倫生
All Titles Composed and Performed : 小川倫生
:acoustic guitar, piano, whistle
Releace: 2010.1 / Rec: 1995.12-1996.2
ジャケットデザイン:Ayumu(By cocoloya)

小川倫生さんのオフィシャルHPで購入が出来ます。
小川 倫生HP:http://ogawa-michio.com/
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[113]  [109]  [107]  [103]  [102]  [101
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
[09/17 なつのはは]
[06/21 アコ]
[05/18 PotT Saito]
[12/15 ぱぴこ]
[12/01 ハトコ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
Walker
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]