忍者ブログ
宇都宮市在住のサウンド・コーディネーター 日々雑感
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2年前に市内の園芸店から買って庭に植えた、ミモザが満開だ。
買ってきたときは30cm程の苗だったのに、アッと言う間に私の身長を追い越した。


一昨年から昨年にかけての極寒に耐えて昨年少し花を咲かせたが、
今年は更に花芽が増え、我が家へ訪れる人を出迎えている。

earlyspring1.jpg植物は何も語らない。自ら何かを働きかける事もしない。
ただそこにあって、季節が巡ってくれば花を咲かせ、枝を伸ばす。
時期が来れば葉を落とし、また次の開花の準備をする。。。

…自然の凄さをまざまざと実感する。







それに引き替え、人の在り方とは何と愚かしいことだろう。
今の状況を打破する力も無いのに、周囲を欺き、妬むことは尽きることがない。
権力や財力と言った、力によって物事が解決されるなんて事は
日々当たり前のように存在する。

…勿論、それと同じくらいに学ぶこと・与えられて感謝する事・幸福感を
授かる事も多いのだが。

数年前に読んだ本の中に「八重桜の話」と言うのがあった。

春になって、多くの人に愛でられる「サクラ」は「ソメイヨシノ」で、
開花が遅い事を嘆く「八重桜」。
…そんな八重桜に、ある人が言う。
「何でそんな事を嘆くんだい?時期が来れば、君も花を咲かせられる
じゃないか。そして君の処にも鳥や虫たちは変わらず来てくれるだろう?」

花を咲かせるスピードや時期は違っても、与えられる物は平等にあると言う事。

何かの書物に「富も権力も名誉も関係なく、全ての人間に平等に与えられている物
それは「死」である。」というのがあったけれど、与えられているのは「死」ばかりじゃない。

生きていれば、また季節の移ろいの中に自分を置くことが出来る。
様々な物が与えられる機会が待っている。

earlyspring2.jpg…そう、春は誰にでも巡ってくるのだ。


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[19]  [17]  [16]  [15]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10]  [9]  [7
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
[09/17 なつのはは]
[06/21 アコ]
[05/18 PotT Saito]
[12/15 ぱぴこ]
[12/01 ハトコ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
Walker
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]