忍者ブログ
宇都宮市在住のサウンド・コーディネーター 日々雑感
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

hananoki-0526.jpg







昨日はうだるような暑さの中、6月に開催予定のライブの打ち合せのために
宇都宮市内のラーメン屋「花の季」さんへ。

何故ラーメン屋なのか?それは先月に掛かってきた1本の電話に事を発する。
ある日の夜、携帯が鳴りました。
声の主はしばしば懇意にして戴いている、宇都宮出身のダンサー妻木律子さん。
6月に、花の季さんが運営している畑で、東京のあるSax奏者のライブをすることに
なったので、手伝ってくれないかとの事でした。
妻木さんが、その畑で今年1年間ワークショップを行うのは以前話を伺っていたので
知っていたのですが、それに先立ち同じ場所で生音のライブを開催することになったらしい。
詳しいことは改めてと言うことで、その時は電話を切り、その詳細のミーティングが
昨日だったわけです。

実はその電話の時には、Sax奏者が誰と言うことは聞いていなかったのですが、
一週間前に妻木さんの弟子でもある、友人との何気ない会話で意外な人物であることが
判明。
知る人ぞ知る(だと思う)「三四朗」氏だと言うではありませんか。
…もう随分前になりますが、それこそ三四朗さんがメジャーデビューをする少し前から
その存在を知り、CDを聴きまくっていた時期がありました。
現在も演奏活動をしているのは知っていましたが、宇都宮で三四朗さんの存在を知っている
人がいたとは。
…人との繋がりは意外な処にあるモノだなと改めて思いました。

hananoki1-0526.jpgお店で当日の流れなどの打ち合せをスタッフの皆さんと
済ませ、一路、畑へ。
今年3月に、妻木さんのプログラムで麦踏みのイベントが
行われた場所です。
元気に青々とした麦が実っていました。
スタッフ全員で、演奏場所や観客席の設置場所を検討。
三四朗さんが麦の中を歩いても演奏できるように、麦畑の
一箇所を歌舞伎の花道のように刈り取ることになりました。


音響も畑の区切りの良い場所にスピーカーを設置、奏者やお客様の邪魔にならないように
畑の畦に機材をセッティングすることに。


hananoki2-0526.jpg晴れていれば、麦の穂が風に揺れ、山に夕日が沈むのを
見ながら演奏を聴くという幻想的なシチュエーションになります。

…スタッフ全員で晴れることをひたすら祈る6月になりそうです。

三四朗コンサート in 緑の麦畑
 日時:2007年6月9日(土) 午後5時~
 場所:ポプラ分校 麦畑内
 主催:ポプラ分校
  ※チケットは残念ながら既にSOLD OUT(!)
    なのだそうです。。。


~閑話休題 おまけ~
ミーティングの場に着くやいなや、花の季の女将さんを始め、スタッフの方達に
三四朗さんの音との出逢いを訊かれ、いささか困惑状態の自分
(…そんなに歓待されるとは思ってもみなかったもので。)
私が三四朗さんの事を知っていたのを知った妻木さんは、「これって凄いよね~。」を
連発されていました。
自分でも、過去に出逢った音が、こんな形で自分と関わりを持つのは予想もして
いませんでした。でも考えてみたら、ここ数年、生で一度は聴いてみたいと思った音に
遭遇する頻度が(仕事以外でも)高くなっているのです。
…これは本当に有難いことです。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[23]  [22]  [21]  [20]  [19]  [17]  [16]  [15]  [14]  [13]  [12
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
[09/17 なつのはは]
[06/21 アコ]
[05/18 PotT Saito]
[12/15 ぱぴこ]
[12/01 ハトコ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
Walker
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]